HOME>トピックス>口腔だけでなく全身にも作用して健康を増進する

目次

目立たない方法が普及した

口元

京都では矯正歯科に通院する人が増えており、その理由として治療が楽になったことがあります。昔は歯列矯正をするために3年や5年などの長期にわたって金属の矯正器具を装着していました。25歳から始めたとすれば28~30歳くらいまでかかるケースが多く、矯正器具の見た目や違和感などに抵抗を覚えて、矯正を避けていた人が多かったのです。京都で歯列矯正をする人が増えた背景には、目立たない方法が普及したことが大きいです。マウスピース矯正なら至近距離から見られなければ気づかれるリスクは低いですし、裏側から矯正する方法ならさらに目立ちません。

歯の健康維持には歯列矯正が一番

矯正歯科は歯並びをよくするだけでなく、歯を健康にするメリットも期待できます。綺麗な歯並びだと歯の隙間に食べかすが挟まりにくく、歯垢や口臭を抑えることにつながりますし、歯磨きの効率も格段にアップするのです。口腔が健全になれば虫歯や歯周病を遠ざけることが可能になります。さらに噛み合わせがベストな状態に調整されるので、骨格によい刺激を与えられるのです。噛むという行為は本来健康によいですが、噛み合わせがズレていると骨格のゆがみを招きます。健康な生活を送るためにも、京都で矯正歯科に通院する必要性は大きいのです。

広告募集中