HOME>オススメ情報>知っ得情報!京都の矯正歯科のデメリットと歯列矯正の種類

矯正歯科のデメリットとは?

矯正歯科での矯正は完全ではありません。特に審美性を求めて行う矯正は咬合が悪くなるほか、数年後に元に戻ってしまうこともあります。

”矯正”の種類を知ろう!

一般的なメタルブラケット

オーソドックスな矯正装置で、安価で丈夫です。

目立ちにくいセラミックブラケット

器具が目立ちにくく、治療期間も短くて済む装置です。

舌側矯正のインコグニート

歯の内側から歯並びを矯正する装置で、外から装置が見えません。

マウスピース矯正のインビザライン

マウスピースを装着して歯並びを矯正します。

舌側弧線装置のリンガルアーチ

子供用の舌側矯正装置です。内側に入り込んだ歯を治す効果があります。

複数を比較する

歯型

京都には数多くの矯正歯科があり、いざ一つを選ぶとなればどこが良いかで悩むのは当然のことではないでしょうか。どこを選んでも同じと考えてしまいがちですが、クリニックにより料金や施術方法、医師など異なる点は必ずあるのでしっかり比較して選ばなくてはなりません。今の時代ならインターネットを使うことで簡単に情報を集めることができるので、まずは複数のクリニックを比較して信頼できる先を見つけることから始めましょう。

カウンセリングを受けにいく

女性

矯正歯科が数ある京都で最適な一つを見つけるためには、カウンセリングを受けることが必須となってきます。カウンセリングを受けることにより、詳しい説明を聞くことができ料金や安全性、サービス内容を知ることにつながることは確かです。もちろんカウンセリングを受けたからといって必ず契約しなければならないわけではなく、カウンセリング料金に関してもクリニックによる違いはあります。いきなり足を運んでも対応してもらえないので、予約をすることから始めるべきです。

医師の腕と相性に注目

歯科治療

どんなに京都で人気がある矯正歯科でも、万人に適しているわけではないということは頭においておくべきです。満足できる結果を得るためには、医師との相性はかなり重要なポイントになってくるので相談してから判断するようにしましょう。

広告募集中